| C | C | L | C | A | L | P | theatokuをフォローしましょう
訃報・若松孝二監督、急逝




『キャタピラー』『連合赤軍・あさま山荘への道程』
の若松孝二監督が、亡くなられました。

若松孝二監督、急死 12日に交通事故「命に別条なし」から一転
(スポーツ報知記事)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20121018-OHT1T00010.htm?from=yol

あまりの突然のことに
言葉もありません。




当館では、2年前、
『キャタピラー』公開の際、若松監督にお越しいただけたことがありました。

そのときのブログの記録
http://theatoku-blog.jugem.jp/?month=201009


監督は、自らが経営するプロダクションで映画を製作し、
配給もされていました。
ベルリン映画祭で主演女優賞を受賞した
『キャタピラー』は、お客さんがたくさん来るという確信を持って、
全国の独立映画館(ミニシアター)を優先的に上映され、
当館も全国公開から2番館という早さで
上映させていただけました。

そして全国の劇場へ監督自ら赴き、大行脚をされ、
各劇場で、近年一番の動員を導いていただけました。






県内でかからない良作の映画など(ミニシアター系など)を
かけはじめた頃、私も映画の知識は豊富ではないのですが、

『連合赤軍・あさま山荘への道程』を
1年遅れで上映した時、初めて学生運動の時代に触れ、
『連合赤軍』の作品のおもしろさに驚愕し、熱狂し、
若松監督の凄さ、学生運動を描いた作品に
時代を知らない年齢でありながら
興味を持つようになりました。

『キャタピラー』の公開が決まった時、
ベルリンの受賞を狙ったかのような自信があふれていて
当館でも上映しないとと焦りと興奮をしていたのを
覚えています。

キャタピラーの興行、監督の行脚と各劇場への激励。

監督にみちびかれるように、我々も頑張っていくことができて、
独立映画館としての意地や楽しみを覚えていったと思います。



残念ながら、若松監督の
新作の『海燕ホテルブルー』
『11.25自決の日』以降の作品は、
デジタル素材しかなく、
デジタル映写機を導入する体力がない当館は
上映ができない状況です。

何年も
幾度となくどうにかデジタル機導入できないかと
努力をし続けていますが、難しい状況です。
今となっては・・・
悔やんで悔やんで悔やみきれません。
また、デジタルであるかないかで
上映できないということが
お客様にも大変申し訳なく思っております。


私の個人的な思いも含めたブログ記事に
なってしまいましたが・・・、
多くのことを教えて頂いた若松監督には
心から感謝しています。




2年前お越しいただいたとき
当館での公開の記者会見 会場で。
支配人の劇場の意地と努力で
記者の方々にもたくさんいらっしゃっていて
(テレビも新聞社さんも)
監督は凄く喜んでおられました。

メガネの奥の瞳はすごくお優しいんです。











| 映画NEWS | comments(0) | trackbacks(0) |
全国コミュニティシネマ会議2010 in 山口


きたる9/10(金)・11(土)は
山口情報芸術センター(YCAM)で
「全国コミュニティシネマ会議2010」があります。
全国の映画事業に関わる方々の情報交換、
研究/討議の場として1996年より開催されているイベントです。

主催は
一般社団法人コミュニティシネマセンターとYCAMさんの
共同主催とのこと。

一般の方はなじみのないことですが
興行関係者や配給会社なども
集まるイベントであり、
各界で名だたる方々が一同に集まる
夢のような会議です。

YCAMさんから御誘いを受け、
我々も参加することになり
今から期待を膨らませています。

討議する内容も
「いかに集客するか」
とかとかおっしゃっていました。
なんてストレート。
くいつかせますね。

私の楽しみは
YCAMさんもそうですが、
映画館興行主や
スタッフの方との交流です。
緊張もしますが、とても楽しみです。


そのほか「海炭市叙景」
(ノン子36歳の監督、熊切監督の最新作)
「トラス・オス・モンテス」
(全国を巡回するポルトガル映画祭2010の1作品。
日本初公開)
も全国に先駆けて先行上映もあります。
※映画のみ、当日こられての鑑賞もできるそうです!


ちなみに一般の方の参加もできるようです。
詳しくはHPでご確認ください。
http://www.ycam.jp/cinema/2010/08/-2010-in.html

受付しめきりは9/3(金)ですが、
定員に達しない場合、1〜2日は猶予が
あるかもとのこと。
会議やディスカッションに参加されたい方
お問い合せの上申し込まれてみてください。





テアトル徳山
スタッフA








| 映画NEWS | comments(0) | trackbacks(0) |
第60回ベルリン国際映画祭 寺島しのぶ最優秀女優賞受賞!


今朝、上司からスポニチを預かりました。
中を見ると
寺島しのぶが
ベルリン映画祭で
最優秀女優賞を
受賞した記事が!!
これは早速ブログ更新しておきます。
おめでとうございます!!

作品は、若松孝二監督の待望の最新作!
『キャタピラー CATERPILLAR』
江戸川乱歩の「芋虫」を映画化した作品。

若松監督の作品といえば
あの怪物作、
『連合赤軍 あさま山荘への道程』です。
新作もまたハードそうな、戦争が舞台です。

公開が楽しみな作品がまた増えました〜!!
当館でも上映してほしいです。
(個人的なつぶやき)


(↑ 代理受賞する若松監督)


ちなみに山田洋次監督
『おとうと』特別功労賞「ベルリナーレ・カメラ」受賞



そしてさらに、
都心では先週末から封切られた
『パレード』が国際批評家連盟賞を受賞!!
行定勲監督、山本周五郎賞の吉田修一の原作。
藤原竜也主演で、
マンションで共同生活をする若者たちの日々を描いた作品。



多くの賞で日本が大活躍をした模様です!!


ちなみに作品賞にあたる金熊賞は、
養蜂業の父と幼い息子の姿を描いた
トルコ・ドイツ合作の『Honey』(原題)です。

ひとまずご報告!



それはそうと、テアトル徳山では
週末から2本映画はじまります。

『戦場でワルツを』と!



『銀色の雨』
こちらは1週間限定です!



『戦場でワルツを』は、
初日先着プレゼントがあります!!
ポストカードです!!
20名様分ございますので
お早めに!

※有料鑑賞された方に限らせていただきますm(_ _)m





スタッフA


↓  いつもありがとうございます







携帯サイトからも
上映時間を確認できます!

  ↓ ↓ ↓ ↓

| 映画NEWS | comments(0) | trackbacks(0) |
日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞発表!


みなさんこんばんわ。
喜ばしいNEWSです!
先日の日刊スポーツ映画大賞の結果は、
チェックされていますでしょうか?

なんと外国映画作品賞は
『母なる証明』が取得しました!

今年の外国映画といえば、
『グラン・トリノ』『スラムドッグ$ミリオネア』など
後世に残る名作と謳われている2作を
退いての堂々たる受賞です!
韓国映画でも初の受賞となり
本作の凄さが数々の映画賞受賞により
じわじわと臭い立ち始めてますね!

アカデミー賞の外国語映画部門にも出品が
決まっていますし、
今後の各映画賞ニュースの結果は大注目ですねえ。


そして、当館の上映はいよいよ
12/12(土)と迫って参りました!

みなさまあと少しです!
当館でも予告バンバン流していますが
ブログにも貼っておきます。







昨日、久々に予定の無い休日でしたので
映画をはしごしました。もちろん当館で(笑)
『幸せはシャンソニア劇場から』
『南極料理人』

『幸せはシャンソニア劇場から』は、
予想以上にいい作品でした!!
すばらしい美術セット、
個性と演技と歌唱技術に優れたキャスト、
エンタテインメント性に長けた展開!
大満足でした^^
何度か涙を流しまくってしまいました〜。



しかし・・・2週目夕方の回となると貸切状態・・・!
周南映画祭も終わって
これがいつもと変わらない現状と
苦笑いするしかないです・・・。
こんなにいい作品なのに、
もっとたくさんの人に見てほしかった!
宣伝不足に反省反省反省の嵐・・・。
いや、まだ11日(金)まで上映してますので
このブログ読まれた方是非是非是非見てください・・・!

そして一緒にご覧になってた1名のお客様!(笑)
たくさん笑ってくださってて
すごくうれしかったです!
そして南極もはしごされてましたね!
ありがとうございます!!
(^o^)/
またのお越しをお待ちしてます!
ありがとうございます!!!!




スタッフA





↓  いつもありがとうございます


| 映画NEWS | comments(0) | trackbacks(0) |
シネテリエ天神 成人映画へ
ココ最近、新聞をすっかり見ていなかったのですが、
上司から聞きびっくりしました。
シネテリエ天神がミニシアター系の上映から
成人映画の上映館として新規一転するそうなのです。

以下西日本新聞の記事より引用↓

シネテリエ天神 路線一変、
成人映画へ ミニシアター苦境
 

九州のミニシアターの先駆けだった福岡市中央区天神の「シネテリエ天神」が「天神シネマ」と名を変えて、上映作品を成人映画に限ることを決めた。地味な がら芸術性の高い作品を上映してきたが、シネマコンプレックス(複合型映画館)の台頭や不況の影響で観客が減少していた。衣替えは10月16日からで、同 12日までは従来通りの営業を続ける。

 同館は60席1スクリーンの映画館で、有楽興行(同市)が運営している。1983年に「テアトル天神」として開館し、88年に今の名称に変更。映画祭で 評価の高かった小品などを積極的に上映し、固定客をつかんでいた。ただし、近年は同種のミニシアターが相次いで開館。シネコンの上映作も幅広くなり、すみ 分けが難しくなっていた。

 杉井昌明支配人(51)は「九州初のミニシアターとして、今後も別の路線で埋もれた名作を伝えていきたい」と話した。

=2009/09/05付 西日本新聞朝刊=
http://qnet.nishinippon.co.jp/entertainment/cinema/news/20090907/20090907_0002.shtml



シネテリエでかかる映画は
結構好きなのばかりだったので
とても残念でビックリしました。

この記事には本当に
いろいろ考えさせられることばかりですが・・・
あえて深く触れれませんね(汗)

成人映画館も
中洲にあったものが閉館している状態のようですので
どのように起死回生していくのか楽しみです。






ここからは個人的な思い出話です。

学生時代、
ミニシアターで初めて見た映画が
『鮫肌男と桃尻女』でした。
すごくはまってしまいました。
それから石井克人作品(世にも奇妙な物語など)
見漁っていました。




そしての待望の2作目である
『PARTY7』がやっと公開され
シネテリエ天神を
わざわざ探して見に行ったことがありました。





シネテリエの館内は
ミニシアター特有の重厚感があって
ドキドキしましたね。

後にも先にも
その1回しか行ったことがないのですが
いや本当に残念です。






いろいろ思い入れのあるものが
変わっていくのはなんとも
寂しい気持ちであります。
幸い閉館ではなくよかったです。

我々もとにかく頑張らねばと
焦りというか励みになりました。




最後に
当時最高潮だった石井克人監督の
傑作PVの存在を思い出しましたので
シネテリエとは関係ないですが
動画貼っておきます。
今見てもかっこいいですね〜〜!
よくできてる本当に。








スタッフA





↓  いつもありがとうございます


| 映画NEWS | comments(0) | trackbacks(0) |
残念!カンヌ、日本勢受賞ならず・・・
 第62回カンヌ国際映画祭が
閉幕しました・・・。

今年は日本勢が受賞することができず
残念でしたね。




最高賞のパルムドールにオーストリアの
ミヒャエル・ハネケ監督
「白いリボン」が選ばれました。
同作品は、
第1次世界大戦前夜に
ドイツ北部の村で起きる、
子どもへの残忍な事件をモノクロで描いた作品です。 



(C)AFLO







菊地凛子主演
「マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トーキョー」
主要部門の受賞は逃しましたが、
録音技師に技術賞が贈られました。

会場で上映後のときには、
約2000人の招待客らから
約5分間にわたるスタンディングオベーションを受け、
大盛況に終わったそうです。
日本での公開が待ち通しいですね。

菊地演じる殺し屋の女が、
暗殺対象者の男(セルジ・ロペス)との愛におぼれる物語。
監督は「エレジー」イザベル・コイシェです。



23日、主演作の公式上映を前にレッドカーペットで
セルジ・ロペス(左)と歩く菊地凛子(AP)








是枝監督「空気人形」も「ある視点」部門に
出品されていましたが
残念ながら受賞を逃しました・・・。

「空気人形」の全国公開は今年の秋。
楽しみですね!



ARATA、是枝監督、ペドゥナ、板尾創治

ブッですよ。
板尾さん・・・

まさかの白いタキシード。
わが道いってますね〜。




さすがの板尾さんも表情がかたい。





主な受賞結果は以下の通り。

・パルムドール(最高賞):
  「Das weise Band(原題)」
  ミヒャエル・ハネケ監督
・グランプリ:
  「Un prophete(原題)」
  ジャック・オーディアール監督
・審査員特別賞:
  アラン・レネ監督
・監督賞:
  「Kinatay(原題)」
  ブリリャンテ・メンドーサ監督
・男優賞:
  クリストフ・ワルツ
  「Inglourious Basterds(原題)」
・女優賞:
  シャルロット・ゲンズブール
  「Antichrist(原題)」
・脚本賞:
  メイ・ファン
  「Spring Fever(原題)」
・カメラドール:
  「Samson & Delilah(原題)」
・短編パルムドール:
  「Arena(原題)」
  ジョアン・サラビア監督
・ある視点部門:
  「Kynodontas(原題)」
  ジョルジオ・ラティモス監督





スタッフA





↓  いつもありがとうございます


| 映画NEWS | comments(0) | trackbacks(0) |
第62回カンヌ国際映画祭開幕!






第62回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)
いよいよ始まりました!



今年は120か国から1670作品が出品され、
各部門での上映作品が選出されています。

最高賞を争うコンペティション部門に、
菊地凛子主演、イサベル・コイシェ監督のスペインの作品
「マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トーキョー」
出品されるほか、
革新的な作品に贈られる「ある視点」部門には、
是枝裕和監督「空気人形」が出品され、
受賞の期待がかかります。





↑ 菊地凛子





今年のコンペ部門には人気監督から巨匠まで
豪華な顔ぶれとなりました。
映画好きにはおおお〜っと
思わずため息つかずにはいられないでしょう。



NO / 作品 / 監督 / 国
1 / Broken Embraces / ペドロ・アルモドバル / スペイン
2 / Fish Tank / アンドレア・アーノルド / 英・蘭
3 / Un prophète / ジャック・オーディアール / 仏
4 / Vincere / マルコ・ベロッキオ / 伊・仏
5 / Bright Star / ジェーン・カンピオン / 英・豪・仏・米
6 / Map of the Sounds of Tokyo / イザベル・コイシェ / スペイン
7 / In the Beginning / ザヴィエル・ジャノリ / 仏
8 / The White Ribbon / ミヒャエル・ハネケ / オーストリア・仏・独
9 / Taking Woodstock / アン・リー / 米
10 / Looking for Eric / ケン・ローチ / 英・仏・伊・ベルギー
11 / Spring Fever / ロウ・イエ / 中
12 / KINATAY / ブリラント・メンドーザ / フィリピン
13 / Enter the Void / ギャスパー・ノエ / 仏
14 / コウモリ / パク・チャヌク / 韓
15 / Les herbes folles / アラン・レネ / 仏・伊
16 / The Time That Remains / エリア・スレイマン / イスラエル
17 / Inglourious Basterds / クエンティン・タランティーノ / 米・独
18 / Vengeance / ジョニー・トー / 香港・仏
19 / Visages / ツァイ・ミンリャン / 台湾・仏・ベルギー
20 / Antichrist / ラース・フォン・トリアー / デンマーク・独・仏・スウェーデン・伊・ポーランド








タランティーノ監督の最新作は
ブラット・ピットを主演に迎えた戦争映画です。
タランティーノ復活?!

楽しみです!




今月23日に「ある視点」部門の受賞作が、
最終日の24日に最高賞などの受賞作が、
それぞれ発表されます。


もっと詳しく知りたい方のためにリンクはっときます!
MovieWalkerの3分で分かるカンヌ




スタッフA









↓  いつもありがとうございます


| 映画NEWS | comments(0) | trackbacks(0) |
映画NEWS!『ニセ札』モントリオール映画祭コンペ出品
映画NEWSです。

当館で6/6(土)から2週間上映が決定しています、
『ニセ札』がモントリオール世界映画祭コンペ出品が
決定しました!
がんばれニセ札!
発表は8月末〜9月初旬頃です!

以下記事です。


『おくりびと』に続け!
『ニセ札』モントリオール映画祭コンペ出品




    木村祐一の長編初監督映画『ニセ札』が、第33回モントリオール世界映画祭(8月27日〜9月7日)のコンペティション部門に選出された。同作が公開された11日(土)、配給のビターズ・エンドから発表された。
    関係者によると、モントリオールのプログラマーらが先月下旬に来日し、数本の日本映画を観賞。今月9日(木)に、ビターズ・エンドにコンペでの招待を打診してきたという。映画祭側の了承を得て公表されたが、開催の4カ月以上も前に決まるのは異例で、今年のモントリオール出品作第1号となる。

     木村は、翌10日夕方に吉報を聞いたそうで「まず家のパソコンでモントリオールの場所と気候を調べました。まだ、実感がわいてきません」と感激の面持ち。この日、東京・テアトル新宿で行われた舞台挨拶の直前には、尊敬するダウンタウンの松本人志から「よかったな。おれも頑張るわ」という祝福メールが届き、「ずっとダウンタウンにあこがれ、目標にしてやってきた。皆の代表として、胸を張って(レッドカーペット)を歩きたい」と涙を浮かべながら語った。

     モントリオール映画祭は、昨年、『おくりびと』がグランプリを獲得。その後、アカデミー賞外国語映画賞の受賞、興行収入60億円に迫るヒットとなっただけに、「結果は気にしませんが、『おくりびと』に続ければいいですね」と意欲を見せた。

     初日も立ち見が出るほどの好スタートで、「こんな感動を、この歳で味わえるなんて……。号泣したいです」と話しながらも、すでに顔は涙でぐしゃぐしゃ。「最近は、芸人が映画を撮ってますが、皆さんの支持があれば、映画界が活性化し、僕も次が撮れるかもしれません」と訴えた。すでに第2作の脚本執筆にとりかかっているそうで、年内にもクランク・インしたい意向という。

→exciteニュース記事より








そしてこちらは当館での上映は未定ですが、
日本映画界の注目ニュース!


是枝監督の「空気人形」候補作に
=カンヌ映画祭「ある視点」部門




     【パリ23日時事】5月13日開幕する第62回カンヌ映画祭の出品作が23日発表され、是枝裕和監督の「空気人形が斬新な作品を対象とした「ある視点」部門にノミネートされた。最高賞「パルムドール」を争うコンペティション部門に日本の映画は選ばれなかったが、出品作のうちイザベル・コイシェ監督(スペイン)の「マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トーキョー」に菊地凛子が主演している。
     「空気人形」は、人形が心を持ち、レンタルビデオ店員に恋してしまうラブストーリー。主演は韓国女優ペ・ドゥナ。ARATA、オダギリジョーらも出演している。受賞作品は最終日の5月24日に発表される。(2009/04/24-00:21)



時事ドットコム記事より


是枝監督の作品はキャストがいつもよいですね。
ちなみに是枝裕和監督
柳楽優弥がカンヌで主演男優賞を受賞した
『誰も知らない』
世界的知名度を上げたことで有名ですね。
他、
昨年の『歩いても歩いても』も
またまた素晴らしい作品です。
是非チェックしてくださいませ。







しかしなんといっても
ペ・ドゥナですよ!
現在、サントリーのアイ・ラブ・ベジのCMにでています。
キテマスキテマス。








韓国ドラマ「威風堂々な彼女」でおなじみですが
日本では映画出演の方がメジャーになってきましたね。

「吠える犬は噛まない」や
「リンダリンダリンダ」で日本での人気もアップ!


「リンダリンダリンダ」






そのほかカンヌ国際映画祭の
コンペティション部門(パルムドール候補)の
出品作品の情報はこちら
→AFP BBNews


『エレジー』のイザベル・コイシェ監督の最新作、
菊池凛子主演の日本が舞台の作品
『Map of the Sounds of Tokyo』も
コンペティション部門に選ばれています。
結果が楽しみですね〜!
カンヌ国際映画祭は5月中旬です!



以上、映画注目ニュースでした。




スタッフA





↓  いつもありがとうございます






| 映画NEWS | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1 |




qrcode
OTHERS


SHIMAIKAN
姉妹館


BLOG PARTS







BLOG RANKING

  広島ブログ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ