| C | C | L | C | A | L | P | theatokuをフォローしましょう
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
休館です!
 「テアトル徳山」の営業は、
平成24年12月28日(金)をもって休館となりました。



45年間ありがとうございました!



過去5年くらいの上映作品のリスト
ミニシアター移行期からのものをあげておきます!
ブログが開かない状態になっておりすみませんでした!

また、少しかけたらと思います。
ひとまずリストをあげておきます。


(2008年 4月から)
明日への遺言
あの空をおぼえている
靖  国
王妃の紋章
犬と私の10の約束
最高の人生の見つけ方
アフタースクール
近距離恋愛
つぐない
ぐるりのこと
山  桜
花は散れども
イントゥ・ザ・ワイルド
アクロスザユニバース
闇の子供たち
幻影師アイゼンハイム
たみおのしあわせ
TOKYO
チェブラーシカ
僕は君のために蝶になる
(2009年)
かけひきは恋のはじまり
僕らのミライへ逆回転
トウキョウソナタ
ゾンビストリッパーズ
七夜待
エグザイル/絆
青い鳥
大阪ハムレット
シャイン・ア・ライト
シャッフル
ノン子36歳(家事手伝い)
ミアーキャット
その土曜日、7時58分
エレジー
パリ
実録・連合赤軍
チェ/2本立
ラースとその彼女
悲夢
プラスティックシティ
ダウト
ニセ札
ミルク
キャラメル
リリィ
おと・な・り
フィッシュストーリー
60歳のラブレター
フロスト×ニクソン
ウルトラミラクルラヴストーリー
チェイサー
映画は映画だ
レスラー
その木戸を通って
グラントリノ
路上のソリスト
インスタント沼
ノーボーイズ、ノークライ
重力ピエロ
ガマの油
サガン
縞模様のパジャマの少年
色即ぜねれいしょん
ココシャネル
人生に乾杯
幸せはシャンソニア劇場から
南極料理人
母なる証明
正義のゆくえ
クヒオ大佐
(2010年)
ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式
リミッツ・オブ・コントロール
九月に降る風
黄金花
パイレーツロック
空気人形
大洗にも星はふるなり
銀色の雨
戦場でワルツを
アンヴィル!
脳内ニューヨーク
ソフィーの復讐
シャネル&ストラヴィンスキー
ジュリー&ジュリア
(500)日のサマー
副王家の一族
誰がため
花のあと
海角七号 君想う、国境の南
カティンの森
ヴィクトリア女王 世紀の愛
ニューヨーク・アイ・ラブ・ユー
渇き
牛の鈴音
新しい人生のはじめかた
マイレージ・マイライフ
パーマネント野ばら
鉄男 THE BULLET MAN
半分の月がのぼる空
台北に舞う雪
17歳の肖像
プレシャス
オーケストラ
息もできない
ケンタとジュンとカヨちゃんの国
クロッシング
冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
キャタピラー
BOX袴田事件 命とは
クレージー・ハート
オカンの嫁入り
パリ20区、僕たちのクラス
アルゼンチンタンゴ伝説のマエストロたち
華麗なるアリバイ
ヤギと男と男と壁と
小さな村の小さなダンサー
ミックマック
ゾンビランド
終着駅トルストイ最後の旅
(2011年)
ノーウェアボーイひとりぼちいのあいつ
レオニー
シングルマン
瞳の奥の秘密
隠された日記 母たち、娘たち
ふたたびswing me again
NECK
ぼくのエリ 200歳の少女
ゲゲゲの女房
わたしの可愛い人−シェリ
義兄弟
キック・アス
愛する人
酔いがさめたらうちに帰ろう
Ricky リッキー
ジーンワルツ
男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW
戦火の中へ
しあわせの雨傘
デザートフラワー
白いリボン
冬の小鳥
海炭市叙景
ウッドストックがやってくる!
シチリア!シチリア!
津軽百年食堂
冷たい熱帯魚
奇跡
再会の食卓
わたしを離さないで
ソウルキッチン
イヴ・サンローラン
ダンシングチャップリン
孫文の義士団
ショパン
マイバックページ
キッズオールライト
127時間
デンデラ
BIUTIFUL ビューティフル
一枚のハガキ
東京公園
アリス・クリードの失踪
木洩れ日の家で
アジョシ
未来を生きる君たちへ
海洋天堂
チョン・ウチ時空道士
ゲット・ラウド
僕たちは世界を変えることができない
うさぎドロップ
レジェンド・オブ・フィスト
(2012年)
人生ここにあり!
ゴーストライター
宇宙人ポール
恋の罪
ハラがコレなんで
ゲーテの恋
ラビット・ホール
永遠の僕たち
ヒミズ
50/50
幕末太陽傳デジタル修復版
デビルズ・ダブル
キツツキと雨
父の初七日
メランコリア
ドライヴ
マーガレット・サッチャー鉄の女の涙
サラの鍵
マリリン7日間の恋
僕達急行A列車で行こう
ひまわり
痛み
いちご白書
超能力者
ヒューゴの不思議な発明
おとなのけんか
人生はビギナーズ
サニー永遠の仲間たち
フラメンコ・フラメンコ
この空の花 長岡花火物語
オレンジと太陽
SHAME シェイム
裏切りのサーカス
捜査官X
少年と自転車
私が、生きる肌
ジェーン・エア
苦役列車
ミッドナイト・イン・パリ
369のメトシエラ
桐島、部活やめるってよ
ル・アーブルの靴みがき
莫逆家族バクギャクファミーリア
神弓-KAMIYUMI-
夢売るふたり
白雪姫と鏡の女王
The Lady ひき裂かれた愛
アルゴ
人生、いろどり

| テアトル徳山の情報 | comments(1) | trackbacks(0) |
『369のメトシエラ』舞台挨拶付先行上映無事終了!
10/8(月祝)に行われました、
『369のメトシエラ』の舞台挨拶付先行上映
無事終わりました。
連休最後の夜にご来場いただけました
みなさまありがとうございました。


掲載が遅くなりまして申し訳ございません。
写真をアップします。

※この作品について
ブログにはご紹介をかいて
おりませんでしたが、
すでにこの作品をご存知の方のために
割愛しておきます。


これまで、小林兄弟監督には周南でのPRのため
何度も足を運んでいただき、
主演の大垣知哉さんのミニライブ(ゲリラ的な)
がイオンタウン周南で行われたり、
その精力的なご活動は、とんでもないです。

その効果で新聞掲載やラジオ出演
KRYの熱血テレビにもご出演され、
たくさん告知がしていただけました。

おかげさまで、
舞台挨拶はたくさんのお客様が
劇場にご来場いただけました。
監督、大垣さん、阿部さん、
配給会社の皆様
お疲れさまでした。
そしてありがとうございました。


監督たちの西日本公開11館の行脚も
当館がラストであったため
お客様の笑顔を見られて
とても喜ばれていらっしゃいました。









大垣知哉さんは、クールなかっこよさが素敵ですが、
実は関西弁。お会いしてもとても丁寧できさくな方でした。

お客様のご質問で、大垣さんの立ち姿の美しさについて
役づくりなのでしょうか?という質問がありましたが、
たたずまいが、かっこいいんですね。

生歌を聞くと、女性の方はコロリといってしまうかも
うたもぐっときたのではないかと思います。
仕入れたCDが完売しました。


阿部百合子さんは、トーク中
劇場のブレーカーが落ちてしまったときにも
場を盛り上げようとしてくださったり、
アドリブのすごさにびっくりしました。
そしてお美しかったです。

(つづく)
| テアトル徳山の情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
『いちご白書』トークイベント無事終了!



久々のトークイベントでした、
『いちご白書』初日。
雨天にも関わらず、多くのお客様にご来場頂きました。
ありがとうございました・・・・・!


早くも梅雨入り、台風の影響で
なぜか当日は大雨・・・
しかも
当館はエアコンが特殊でしかも古いものなので
湿気がすごい・・・。(汗)
イベントをするときは時期を
選ばねばと痛感しました・・・。

ご来場いただいたお客様より
福屋教授の解説付きのトークが
あってよかったと感想をいただきました。

よかった・・・!

福屋教授にも時代背景の解説は
必要だとおっしゃっていただいていたので、
ご厚意に感謝します。

トークでお話されたことは、
レポートしておきたかったのですが・・・・

・・・・・・すみません!
当日わたしは、外(ロビー)を守っておりましたので、
私自身トークを聞いておりません・・・。
あらかたお話される内容は
事前に聞いておりましたが・・・。
m(_ _)m・・・・

おそらく
学生運動とロックのつながりについて、
音楽の歴史に触れながら
アメリカの若者たちのこと
また、日本のことにも触れてあったと思います。
『いちご白書をもう一度』や
『傘がない』など
日本の音楽でも例えて語られていたと思います。
(相当ざっくりですね・・・)


そこで!
当日お越しいただけなかった方、
また当日来て頂けた方にも必見!

先生の書籍を2冊、
劇場でも現在販売しています。
この機会に是非、音楽と文化や歴史に触れることができる
先生の書籍を読んでみられてはいかがでしょうか。

『ビートルズ都市論』は900円
新刊『ロックンロールからロックへ』は2000円

と書店より少し安く
劇場販売価格で
販売しています。

今回のトークの内容は、新刊にも
近いことが記されてもいますので是非です。





先生がディスプレイに協力していただいたものも、
上映期間中展示しています。
二―ルヤング、ジミヘン、ボブディラン、エルビス・・・
上司の私物のジョンレノンとバフィーセントメリーのCDもあります。


↑ こちらの本はおそらく国内に2冊!というお話です。
ウッドストックについて書かれてある貴重な書籍。



そして、今回多くのご協力を得て
実現したドリンクのおもてなし。
おかげさまで大好評。
コーヒーボーイさん、バーテンダーの藤井さんという
プロの方のお飲み物を提供という
とんでもないサービスが実現しました。





お酒はモヒートです。
ラムとミントのカクテルです。
当日わたしは、飲酒できませんでしたが・・
(車で帰らねばならないので・・・)
すごくおいしそうでした!
モヒートの写真をとっておらずすみません。



「mint meet minna」
という、徳山商店街のまちづくり会社
まちあい徳山さんの取り組みである
オルタナティブ周南、周南で作ったものを
周南で提供するという取り組み。
このミントは鹿野で作られたものです。

ちなみに、モヒートは周南のいろんなバーや
お店で飲めますので、是非
飲んでみられてみてください。

ミント↓


↑藤井さん。
ミント摘み中にしつれいしました・・・!



コーヒーボーイさんにもご協力していただき、
やはり大人気。
当館に来られるお客様がよく
PH通り店でテイクアウトしてこられると聞いていましたが、
みなさま喜んでいらっしゃいました。

コーヒーボーイさんの写真を撮影しておらず・・・。
お店の常連さんから人気であろう
君塚さんが直々にお越しいただきました。



↑先生のサイン会の写真に君塚さんちょっと入ってました。




福屋教授、
藤井さん、
コーヒーボーイさん、
ありがとうございました。

そして宣伝に協力、応援いただきました
多くの皆様ありがとうございました。



あと、
当日こんな風にカウンターレイアウトしました。
ちょっとこじゃれた感じを目指したつもりです。



ドリンクのサービスは、今後は
実現は難しいと思います・・・。
すみません。

今回は試験的なものもありましたので
超特別なチャンスでした!
次回があるなら有料で行うかもしれません。



テーブルやイスはヌーヴェルのスケジュールが
ちょうど空いていたので
ヌーヴェルから運んで来ました。
タイミングが合ってよかったです(汗)

(テーブル・・・ほしいですねえ・・・。)


当日の感想、ご意見お待ちしております!
次回企画の参考にしたいと思います。



なにはともあれ、終わって一安心!



スタッフA
| テアトル徳山の情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
『いちご白書』トークイベントは明後日です。

あれよあれよといううちに、
6/16(土)の『いちご白書』のトークイベント、
とうとう、明後日!!
準備は大詰めです・・・。

実は、
先週からまさかの社内で大風邪が流行してしまい、
支配人含む、3F本社総務と4F劇場で
犠牲者が続出しました。
ほとんどの人間が9度でてしまったという。
私ももらってしまいましたが、
熱が出なかったせいなのか、未だに鼻と咳が止まらず。
どういったことなのでしょう!!(-_=)


社内ではみんなバタバタとダウンしたので、
この感染力の威力に焦っていましたが、
意外に家族にはうつらず、ホッしています。
お客様にもうつっていないことを祈ります・・・。

病気じゃなんじゃー
言ってる場合ではありません。
イベントは迫って参りました。





ご協力頂きました、頂きます
皆様に感謝しつつ、その報告を
させていただきます。


先週は、後援をいただきました
しゅうなんFMさんに久々に生出演!
中村さんは相変わらずかわいい!
今回は中継でして本社会議室に
お越しいただきました。
雨の中、ありがとうございました!!

そして、月刊トライアングルさんにも
掲載していただきました。
ありがとうございました!




ひまわりの公開の前には、KRYラジオさんの
日曜8:15〜さわやかモーニングコールやさしく歌って
にも出演しました。
こちらは作品について私なりに
ご紹介させていただきました。
音楽をたくさんかけていただきました。
放送以外の時間に、
鈴木久美さんとお会いし、映画についてや
街のことについてやお話をするのが
楽しみな収録です。



↓ KRYさんのラジオでは、
支配人からCDをお借りして、
『いちご白書』より、
サークルゲーム(バフィー・セント=メリー)
ダウン・バイ・ザ・リバー(二―ル・ヤング)
平和を我等に(ジョン・レノン)
そして
『ひまわり』から有名な
ヘンリー・マンシー二作曲のテーマ曲
をかけていただきました。



支配人が推薦したのはサークルゲームではなく
二―ル・ヤングのヘルプレスだったのですが、
私にとって映画には明るいイメージがあったので、
独断で、変更をお願いし、
支配人にバフィー・セント=メリーのCDを
掘り出してもらいました。
というか、何枚CD持ってらっしゃるのでしょうか。


新周南さんにも記事を掲載していただきました。
ありがとうございます!
そうなんです、『いちご白書』はレアなんです。
DVD発売は予定されてないようですからね・・・。







そして、当日のこと。

当日はドリンクのおもてなしを
させていただきますが、
バーテンダーはプロの方です。
まちあい徳山さん含む多くの業種がミックスした取り組み、
mint meet minnna  鹿野のミントを使った
モヒートが、当館でも飲めます!
モヒートというのは、ミントとラムのカクテル。
流行ってます!

コーヒーは、我らがコーヒーボーイさん!
コーヒーはホットコーヒーになります♪
当館に来られる方でもよく
TAKE OUTされてから来られる方が
多いとお聞きしています。
喜んでいただけるといいなあと
お客様の反応が楽しみです。
(私もコーヒー中毒のため愛飲者です。)





福屋先生の本のご紹介が最後になりましたが、
当日トークショーの後、販売します。
劇場当日販売のみ2000円です!
是非この機会に。





さてさて・・・、
まだ準備完了はしていません。
そして、当日も
頑張ります・・・・!




トークイベント準備のさなか、
8月の上映スケジュールが埋まりました。

大林監督の
『この空の花 長岡花火物語』です。



新潟・長岡の映画ですが、
なめてかかってはいけない、
とんでもない作品のようです!
長岡の花火、中越地震からの復興、そして戦争。
長岡という場所が持つ
平和へのエネルギーが凄まじい、

大林ワールドの
ノスタルジックなファンタジーは
勿論のこと、
監督の思いが花火のように爆発している
映画のようです。
ネット上では、この作品はなんだ!?という
感想がちらほら。
ご期待下さい!!


スタッフA
| テアトル徳山の情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
6/16(土)『いちご白書』トークイベント チラシ
6/16(土)『いちご白書』初日に開催します、
福屋利信教授のトークショー。
チラシをアップします!

前売券は1200円で劇場窓口で販売中です!

久々のトークイベントです、
1960年末の学生運動が盛んだった
“若者たちが熱かった”時代。
音楽も熱かったのです。

映画をより楽しんでいただけるよう
企画したイベントです。
前回『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』の時にも
トークイベントにご協力いただきました。

福屋教授のお話はわかりやすいので
是非この機会に一度お聴きになられてみて下さい。
今度は、音楽映画の名作でもある
『いちご白書』について語っていただきます!


クリックして拡大して見れます。 ↓ ↓





山口大学教授でありながら、
独自の視点でビートルズを研究されている
福屋教授。これまでにトークとライブを
楽しめる「ビートルズ講座」を
開催されています。
また書籍も出されています。
教授のプロフィールを再掲します。



◆福屋利信氏 プロフィール
http://www.t-fukuya.net/

徳山市(現・周南市)出身。山口大学教授。博士(文学)。
KRY山口放送「お昼はZENKAIラヂオな時間」の
パーソナリティーとしても活躍中。
著書として幻冬舎新書刊
「ビートルズ都市論―リヴァプール、ハンブルグ、ロンドン、東京」
http://www.gentosha.co.jp/book/b5086.html)のほか、
新刊「ロックンロールからロックへ―その文化変容の軌跡」が、
近代文藝社より6月1日発売される。


※当日は新刊の販売もします。
もし、ご興味持たれた方はこの機会に是非。
定価は2100円です。



「ビートルズ講座」は
私も数回聴講したことがありますが、
映画を上映する立場としては、
当時の世界の時代背景・歴史と興味のある
ビートルズの歴史を照らし合わせながらの
説明はとてもわかりやすく、
(世界の歴史を描いた映画をたくさん上映していると
勉強が大変です・・・(^^;)

映画がお好きな方には
是非おすすめしたいトークです!!



スタッフA





↓  いつもありがとうございます



| テアトル徳山の情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
ありがとう。


長年、働いていたK君が、
一昨日で退職いたしました。

雰囲気は若年寄のような(失礼!)、
マイペースな彼ですが、お客様の前では一変、
さわやかな接客。

予告編を劇場の1Fで観れるようにしようとした時も
DVD編集は一体誰がやるんだ?という状況でしたが、
自ら勝手でてくれて、毎週自宅で編集して管理してくれていました。
エンコードなど実はすごく大変な作業です。
引き継ぐときにこんなに時間かかっていたのかと
彼の苦労を今更ながら知ってしまいました。

頼りにしていたので名残惜しいですが、
新しいステージへ旅立つため、
テアトル卒業です。
ありがとうございました、経験を自信に変えて
将来に向けて頑張って下さい!


そして新しく入った、ニュースタッフのF君は、
とっても映画好き。
我々もその若さに比例してびっくり!
気軽に話かけてあげて下さい(^^)
映画愛かなりアツいです。

若者の映画館離れが危惧される近年ですが、
映画が好きな若者と出会えると
本当に嬉しいものです。
未来はまだ捨てたもんじゃない!と
思います。



スタッフA





↓  いつもありがとうございます



| テアトル徳山の情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
お客様の感想を集めています。また、アンケートのお返事です。
先月末から募集しはじめた、お客様の感想。

我々に感想をお伝えいただくことは
多々ございますが、
お客様同士での共有はなかなか
難しいもの。そこで、感想のコメントを募集し、
場内に掲示させていただけないかと
思いました。

ネット掲示版も考えましたが、
アナログに手書きでいただくことにしました。

少しずつ集まってきて嬉しいです。

受付の右側に募集のハコがありますので、
投函下さい。
もちろん、スタッフに渡して頂いても結構です。

アンケート記入欄もあります。
作品のリクエストのほか、劇場へのご要望、気づきなど
お客様のお声をお待ちしております。





早速頂いたお声にお返事を致します。

数年前に試験的に行ったアンケートでも
たくさん頂きましたが、

駐車場の問題です・・・

実は会員制度を設けるさいに、
どうにかならないかと商店街などへ調べてみましたが、
安くなる方法案が見つかりませんでした。
大変申し訳ございません。

いっぱいあるんだからどれか
無料にしてくれてもいいんじゃないかとか
思いますが、そうはいかないものなんでしょうね・・・。

当館が行っている対策では、
通常料金からでしたら、
割引というかたちで対応をしています。

それ以上の劇場負担は、
大変申し訳ございませんが、
難しい状況です・・。

ご希望に添えれず大変申し訳ございません。




作品リクエストを記入いただく欄を設けておりますが、
必ずしもご希望にお応えすることは難しいですですが、
(上映できる場合もありますよ!)
皆様の趣向をリサーチさせていただくために
大変役立ちます。
予測して新作の上映の可能性がでてきますので、
皆様のリクエスト情報も大変感謝しております。



既に頂いたもので
『ソウルパワー』のリクエストがございました。

すみません、この作品はデジタルでしか上映素材がなく、
当館では上映が不可能なのです・・・。
(当時、配給会社に聞いていたんです・・・!)

ですが、音楽映画のリクエストがいただけて嬉しいです。
地道に、『アクロスザユニバース』や
『シャイン・ア・ライト』、『ノーウェアボーイ』、
『ウッドストックがやってくる!』、『ソウルキッチン』などなど
色々やってきましたからね。
『クレイジーハート』も音楽映画かな?
いろいろやりましたね。

次は『いちご白書』です。是非、お楽しみ下さい。
アンケート回答ありがとうございました。




この写真は、
前回制作途中の写真をあげていましたが、
このようになりました・・

使用しなくなった券売機を
隠しました・・・。

手作りのつい立てです。
出力機でプリントした
映画館のイメージの絵柄を貼りました。

手作りですので・・・
細部はあまり見ないで下さいね(苦笑)


ちなみに
このついたてが、もともとなんだったかというと、
劇場が全盛期だったころ(涙)
商店街に吊るしていた看板でした。
今では吊るしてたりしてませんが、
残っていたので再利用しました。
実は手描きです。
写真にうつっているのはスタッフの河村さんです。







さて、続いて上映作品の話題ですが、



『メランコリア』絶賛上映中です。
ラース・フォン・トリアー監督の作品が上映できるなんて
私個人は大変感謝しております。
前作の『アンチクライスト』も実はデジタル素材のみの
上映だったようで当館では難しかったのです。
因みに、レンタルやさんでは置いてありますので、
ご覧になられてみて下さい。
シャルロット・ゲンズブールが
カンヌ主演女優賞を獲得した作品です。
(R18+です・・・!)




そして今週末からは、『ドライヴ』が早くも当館で上映スタートします!
GWにじっくり観て下さい!
ライアン・ゴズリングの役幅に本当うっとりします。(笑)
ゴズリングはかっこいいですね。



そして4/28からは『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』の
上映がはじまります。
メリル・ストリープがアカデミー賞主演女優賞をまたしても手にした
作品です。メリルはもう殿堂入りした方がいいんじゃないかと
いわれるほどですが、60歳をこえても衰えることなく、
というよりさらに腕をあげていき超人の域に達していますね。
今回は、老いたサッチャーのシーンで特殊メイクもしていますが、
それも凄いですが、シルエットや喋り方は年寄りそのもの!
サッチャーの全盛期の喋り方もすごいです。

鑑賞前に補足ですが、本作では政治的な部分はかなり
割愛してでてきます。政治を学びたい方にはわからなかったと
思われるかもしれません・・・。
フォークランド紛争など、ちらっとサッチャーが行った政治の内容を
予習しておいた方がよいかもしれませんね。



そして、森田芳光監督の遺作、
『僕達急行 A列車で行こう』の上映が決定しました!
5/26(土)より上映です!
監督のご逝去はあまりにも突然で悲しいです。
私も好きな作品が多かったです・・・。
『黒い家』『ハル』『家族ゲーム』の順に好きでした。
是非、新作を劇場でご鑑賞下さい、
ご来場お待ちしております。



上映ガイド5月号はもうすぐ印刷があがります。
先月は発行が遅れ、大変申し訳ございませんでした。
サッチャーの上映時間は5月号に記載しています。

また、設置していただいている
お店の皆様、配布してくださっている皆様、
遅くなりご迷惑をおかけしまして
大変申し訳ございませんでした。



メリルとミシェルの対決表紙ですね。
『マリリン7日間の恋』のミシェルも凄いでしょうね。
(まだ本編中身観れてませんので・・・(汗))

左の『キツツキと雨』のグッズの台本ミニノートを
買いました。いろいろ映画のことメモりたいです。



新周南さんに映画紹介を投稿しました。
好きな作品だったので、
いきおいでかきましたが・・・。
勉強不足で恥ずかしいですが、
新周南さん、いつも掲載して頂き、
感謝しております。




先週からか、Facebookもはじめましたが、

http://www.facebook.com/theatoku

会員の会報と、Twitter、ブログ、新周南さんへ投稿、
上映ガイドと、文章かくものがふえてきました。

全部内容がかぶっているかもしれませんが、
ご容赦下さい・・・・。





そして、最近思うことを最後に。

デジタル化の波で映画界が
大きく変わりつつあります。

大ダメージにつながることの一つに
VPF問題など。
専門的なことなので詳しくはここへかきません、
当館には影響ないですが、配給会社が困る
内容なのです。

デジタル素材が上映できない今、
番組編成はかなり窮地です。
上映できない作品も増えてきました。

当館は、来場者数は元々少ないです。
ですが、母体の会社の運営でなんとか
営業できている状態です。

とはいえ、
デジタルのプロジェクターや
DLP(高くてできないですが)導入をしても
非シネコンの運営は、
全国的に実はやばい状況なのです。

年々、全国の動員数は減少傾向にあり、
一番の問題なのは、
映画館離れです。

全国の映画館が今思考錯誤している状況でしょう。
若者が映画館で映画を見なくなり、
お年寄りもDVDなど見れるような状況です。


会員を募りだしてから、
多くの方々から応援の声、
応援の行動を頂いております。
「商店街から映画館が無くなってしまったらおしまいだ」
皆様のあたたかい激励の言葉をたくさん頂いて
大変感謝しております。

新周南さんへの掲載も
担当の方の応援の気持ちがきっかけでした。
ありがとうございます。

多くの応援に応えねばと奮闘しています。
なかなか迅速にお応えできていない状況で
大変申し訳ございません。



私個人として思うことは、
TV映画ばかり上映されるのは
おもしろくないのです。
文化を発信する施設として
残って欲しいと思います。


映画界の打撃、
当館の意義、
いろいろ思うことが
頭をかけめぐっています。

劇場の存亡の危機を訴えるようなことは
不安にさせたくなく控えていましたが・・・、
でも、今さら!?
なことかもしれませんね・・・(苦笑)

とにかく、考えても仕方ないのです、
頑張るしかないのです。

文章がめちゃくちゃですみません。
書きすぎましたね。
また、暗いことばかりかいてすみません。

今後も良い作品がたくさん上映できますので
多くの方々に足を運んでいただきたいです。





スタッフA





↓  いつもありがとうございます





| テアトル徳山の情報 | comments(4) | trackbacks(0) |
ブログがおかしい・・そしてFacebookはじめました。


 http://www.facebook.com/theatoku

流行りに乗っておいて損はない、なにせ無料。
Twitterもその乗りではじめましたが、すっかりわたしの
ぼやきときまぐれの上に成立しています・・・。

Facebookもそうなりそうです。
ブログを軸として連携していければいいのですが。
更新の仕方はFacebookの方が楽ですね。

サービス業なのだから丁寧にかきたいと
思っていたブログも
だんだんラフな文章になってきましたね、
うーん・・。


Twitterの方を頑張っていたので
Facebookまでは・・と思っていましたが、
そんな状況ではないのです。
そのいきさつなどに関してここに書くと
長くなるので
今回は控えておきます。

ブログはかいていると、
あれもこれもとだらだらと無駄に長くかいてしまい
予想より時間がかかります。
あげく前回のアップがうまくいかず、
心が折れていました・・・。




さてさて



ひさびさ、
6月トークショーのイベントを開催します!
「いちご白書」の上映にちなんで
ビートルズ講座でお馴染の
山口大学の福屋教授にお越し頂きます!

「いちご白書」再訪
と題しまして、
またしても音楽映画について
熱く語っていただきます。

前回のジョン・レノンのときは
お正月でしたので
ご来場できなかった方々
朗報です!

学生運動が盛んだった時代、
音楽の歴史にも大きな変化がありました。
それら背景を踏まえて、
日本でも流行した名曲も
多くありました。

「いちご白書をもう一度」もそうでした。
日本では元の映画より歌の方が
有名になってしまいましたが。

「いちご白書」初日
6/16(土)17:00〜を予定しています。
是非、スケジュール明けておいて下さいませ。
みなさまのご来場をお待ちしております。


詳細が決定次第、
お知らせしていきます!
現在チラシ制作中です

上映ガイドも
イベントのチラシも
テアトル会員の会報も
なんでも
自前で作ってます・・・・・・





| テアトル徳山の情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
4月ですね。
昨日の爆弾低気圧には驚きましたね。
不運にもレディースデイの日に 荒天に見舞われるとは・・。
ブログがまたしても滞っていましたが、
ひさびさに更新です。



『キツツキと雨』絶賛上映中です!

パンフレット再入荷は今日のはずです、
お待たせして大変申し訳ございませんでした。
グッズも販売してます。



記事なども、色々掲示してます。
監督のインタビューは、 特に読みごたえあります。




時間を見つけては
館内をきれいにしようと
スタッフでいじくり中です・・・。

年期を感じてきたこのビル。
いつもみんながきれいに掃除をしていますが、
さすがに年数には勝てません。

改めて見ると汚れがきになっていた床を
きれいにしたり、などなど・・・

結構大変だったようで、
私は手伝ってなくて申し訳ないです。
私の方はというと、いろいろこしらえる班として、
せっせと用意。

これは、ただいま作っているものです。
うまくできるかな?



昔、まだ徳山商店街が活気にあふれていた頃、
アーケードに吊るしていた板が
残っていたので再利用します。

看板室の先代が手描きでかいたものを
潰すのは先輩不孝ですね・・

失敗せんように・・・!



スタッフA





↓  いつもありがとうございます




| テアトル徳山の情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日から4日間エレベーターがお使いいただけません。
エレベーターメンテナンス工事のため
利用停止のお知らせ

2/27(月)〜3/1(木)の4日間、
メンテナンス工事のため エレベーターが、
お使いいただけなくなります。

なお、工事は上映後の夜間に行いますので
映画のご鑑賞に問題はございません。

お客様には ご不便ご迷惑をお掛けいたしますが、
ご理解 ご協力の程 お願い申し上げます。







劇場はビルの4Fにあるため、
階段をお使いいただくことになります・・・。


スタッフすら階段であがるのは
3Fも辛い者もいるというのに
(いない者もいるんですが?! 驚)

スタッフ一同申し訳ない
気持ちでいっぱいです。

劇場は数年前に一度改装されましたが、
エレベーターはまだ古いままで・・・
内装はきれいになりましたが、
ボタンからして・・
年代物だということが分かると思います。

今後の安全のため
ついにおおがかりな
メンテナンス時期となりました。

大変申し訳ございませんが、
何卒ご協力よろしくお願い致します。




スタッフA





↓  いつもありがとうございます





ちなみに商店街最古のエレベーターは
銀南街ビルのエレベーターです。
乗ってみるとかなり古さを感じ、
昇降がかなり遅いです。
銀南街駐車場や丸和などで
使用するエレベーターです・・・・!

| テアトル徳山の情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/6 | >>




qrcode
OTHERS


SHIMAIKAN
姉妹館


BLOG PARTS







BLOG RANKING

  広島ブログ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ