| C | C | L | C | A | L | P | theatokuをフォローしましょう
『127時間』『デンデラ』『アリスクリード』『未来へ生きる君たちへ』


(C) 2010 TWENTIETH CENTURY FOX

ブログにはアップするのが遅くなりましたが、ダニー・ボイルの新作『127時間』が当館で上映決定です!9月24日(土)から。こちらも『キッズ・オールライト』同様、アカデミー賞で作品賞をはじめ6部門ノミネートし、賞レースを賑わせた1作。ダニー・ボイル?というかたには『スラムドッグ$ミリオネア』の監督と言えばわかりやすいですね。過去にはミニシアター系に火をつけた『トレイン・スポッティング』などもあります。これは名作ですね。アンダーワールドの音楽がヒットしテクノブームにも火をつけました。名作中の名作。
新作では、127時間断崖に挟まれた青年の奇跡の実話を映画化。主演はジェームス・フランコ。「スパイダーマン」のライバル役を演じた彼ですね。当館での上映作品では「ミルク」にも出演していました。今回は予告を見ての通り、等身大の世代の役。迫真の演技は好評です。また、ダニー・ボイル監督といえば毎回サントラがよく売れていますが、今回も音楽にこだわりを見せています。お楽しみに!



(C) 2011「デンデラ」製作委員会

そして、劇場に多くお問いあわせのあった『デンデラ』の上映が決まりました!
上映は10月1日(土)から。本作は姥捨て山に捨てられた老婆たちの物語には続きがあった!という作品なのですが、絵を見てわかるようにみんな超武装してますが・・。でている女優陣が超豪華で、浅丘ルリ子、倍賞美津子、山本陽子、草笛光子・・・!な、なんだってぇ〜って超ドインパクトな作品です。話題にもなっていますが、熊と闘うシーンがあるとか。倍賞さんが眼帯しててかっこいいです。ちなみに本作は一律1000円。ご年配の方向けの話題作ですので、是非まわりの方に広めてほしいです。


(C) CINEMANX FILMS TWO LIMITED 2009

そして10月29(土)からは『アリス・クリードの失踪』が上映決定しています。
こちらは、イギリスの新鋭監督のクライム・サスペンス作品なのですが、初監督作品にして将来が期待せずにはいわれない注目作品です。たった3人の登場人物で、ラストが見えない展開を作りだすことがすごい。プレスやチラシなどには同郷イギリスのダニー・ボイル、クリストファー・ノーランに続く・・・新鋭監督!とうたってありますが、頷ける内容になっています。また、エンディング音楽も良く、私などの年齢ですと、観終わったあとはこれぞミニシアター!っていう充足感に満たされました。



そしてこちらは11月公開の『未来を生きる君たちへ』です。デンマーク作品で、今年のアカデミー賞外国語映画賞を受賞した、ハリウッド以外の作品の最高峰といった位置づけの賞の作品です。過去に「おくりびと」や「瞳の奥の秘密」なども受賞作でありました。本作の配給会社さんは「瞳の〜」と同じロングライドさんですが、2年連続の受賞です。すごいです。私は中身も見ていないのに「BEAUTIFUL」かな?なんて勝手に予想してたんですが。

カンヌ国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭、アカデミー賞外国語賞と、日本でいう「ミニシアター系」の作品が多く競われる世界の映画祭ですが、いずれも受賞作品が異なるのが妙なところです。各賞では被ったりもしますが、作品賞では同じものにはなりませんね。カンヌの最高賞も、ヴェネチアの最高賞もアート性、斬新さなども必要とされますが、日本ではなかなか興収が上がらないのが現実。いままでにない映画が観たい!という方はこういった世界の映画祭の受賞作を目安に選ばれると良いです。日本でいえば、河瀬直美監督の「もがりの森」や黒沢清の「トウキョウソナタ」、是枝裕和の「誰も知らない」「空気人形」などもカンヌでは賞をとっていますね。ヴェネチアで話題といえば北野武監督、宮崎駿監督。ベルリン映画祭では若松孝二監督、園子温監督もよく話題に。
そこでアカデミー外国語賞ですが、こちらはカンヌなどヨーロッパの映画祭に比べ分かりやすさもプラスされている印象を受けます。ヨーロッパの映画祭をにぎわせた優秀な作品も軒を連ねるのですが、さらに“人を選ばない”内容をプラスしたような。「瞳の奥の秘密」を見て思いました。普遍的な愛を語り、エンタテインメントに長けた作品で、多くのお客様に見ていただけました。

『未来を生きる君たちへ』
は、まだ全国封切は8月。早々に中身を見せていただけましたが、わたしのなかでは今年上位に君臨しています。物語についてはこの場で詳しいことは語りませんが、余韻が尾をひき、強いメッセージ性が込められた素晴らしい作品です。作品を見た後の満足感もさることながら、込められたメッセージについては多くの方に受け止めてほしいと映画館側も切に願う作品です。世界が選んだ名作、是非ご期待いただきたいです。



テアトル徳山 スタッフA




| 番組編成 | comments(0) | trackbacks(0) |
バレエ振付家巨匠ローラン・プティ氏死去


世界的な振付家ローラン・プティ氏が急逝・・。
「ダンシング・チャップリン」
日本ではまだまだ全国でヒットしているの中、突然の訃報。
ご冥福をお祈りいたします。

“ダンスの魔術師”と称される巨匠ローラン・プティ氏。
草刈民代さんとも、これまでに多くの仕事をしてこられました。
チャップリンをテーマに振付けた
バレエ「ダンシング・チャップリン」は、
彼が作り上げた世界でした。
映画「ダンシング・チャップリン」はその舞台を
草刈民代のラストダンスに選んで企画されたもの。

草刈さん、周防監督、映画スタッフの方々
そして映画以外でも日本の多くのファンの方々が
胸を傷まれたことと思います。
残念です。


草刈民代、
急逝した世界的振付家ローラン・プティ氏に追悼
「真の芸術家でした」

(オリコンニュースから記事引用:
http://rn.oricon.co.jp/news/rankingnews/89729/full/

 女優の草刈民代が 11日、今年公開の映画『ダンシング・チャップリン』(周防正之監督)でも共演し、永年の親交があるフランスの世界的振付家ローラン・プティ氏の訃報を受 け、所属事務所を通じて「突然のことで驚いています。ローラン・プティ氏は20世紀を代表する振付家であり、真の芸術家でした。その偉大な芸術家から学 び、影響されてきたことを考えると、その幸運に感謝せずにはいられません」とコメントを発表した。

 草刈は、プティ氏から「自分の意思を信じて、全身全霊で創作活動に向かう姿勢」を学んだといい、「プティ氏の精神が、素晴らしい作品とともに後世に残り受け継がれていくことを願います。ご冥福をお祈りいたします」と追悼している。

 プティ氏は10日、自宅のあるスイス・ジュネーブで逝去。87歳だった。死因などは明かされていない。9歳からバレエを学び、パリ・オペラ座バレエ団か らそのキャリアをスタートさせた。1948年に自らパリ・バレエ団を結成し、発表した『カルメン』が大成功を収め、ハリウッド映画への出演やミュージカル 映画の振り付けなども行うようになる。1981年にマルセイユ・バレエ団の芸術監督に就任。1991年に発表した『ダンシング・チャップリン』は、フラン ス、イタリア、スイス、アメリカ、日本など全56都市で公演を行い、大成功を収めた。

 このほど、草刈の夫で映画監督の周防正行監督が、チャップリンの数々の名作を題材にした『ダンシング・チャップリン』を映画化。映画には、その許可を得るため、プティ氏のもとを訪れて、周防監督が交渉しているドキュメンタリーも本編の第1部に収録されている。

<追記>
周防正行監督のコメント

 「突然の訃報に驚いています。最後にお会いしたのは、昨年の秋、パリで映画『ダンシング・チャップリン』を観ていただいた時でした。あの時の嬉しそうな 笑顔とお元気な姿が忘れられません。草刈共々、この15年間、先生との交流から受けた影響はとても大きく、その出会いに心より感謝せずにはおれません。今 はただ、ご冥福をお祈りするばかりです」

映画公式サイト http://www.dancing-chaplin.jp/wp/


(C) 2011フジテレビジョン / 東宝 / アルタミラ ピクチャーズ / 電通 / スオズ



テアトル徳山 スタッフA





| 番組編成 | comments(0) | trackbacks(0) |
『マイ・バック・ページ』『キッズ・オールライト』ほか上映決定!
『マイ・バック・ページ』
9月10日(土)から2週間上映決定!
山下敦弘監督の待望の最新作、
キネマ旬報でもおなじみの川本三郎氏が1969年〜72年に
ジャーナリスト時代に体験した事実の小説の映画化です。
主演に妻夫木聡、松山ケンイチと
豪華キャスト!
ちょっと先ですが。。楽しみにお待ち下さい!



同アスミックAさんの配給作品
『まほろ駅前多田便利軒』<1週間限定>ですが
上映が決まりました!
8月27日(土)〜9月2日(金)です。
『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の大森立嗣監督の最新作。
前作とはうってかわってコミカルに、とにかくゆるく、
三浦しをんの人気原作を映画化しています。
しかし、独特の味は変わらず、
是非お楽しみに!



そして、アカデミー賞で多くのノミネートを果たし、
GG賞でもコメディ部門の作品賞を受賞した
『キッズ・オールライト』は、
9月17日(土)から2週間上映が決まりました。
同性(女性)カップルと2人子供が暮らす
家庭に子供たちの<遺伝子の父親>が
やってくるという物語。
いままでにない設定にどうなるのか予想もつきませんが、
各映画賞受賞、しかもコメディ部門というところが
期待をはせます。
ご期待下さい!



秋の注目作も決まってきました。
続きは後日。


テアトル徳山 スタッフA





| 番組編成 | comments(0) | trackbacks(0) |
『シングルマン』と『ノーウェア・ボーイひとりぼっちのあいつ』
1月ですが、
ファッションデザイナーの
トム・フォード初監督作で
コリン・ファースがアカデミー賞候補となった話題作
『シングルマン』

若き日のジョン・レノンを描いた物語
『ノーウェア・ボーイひとりぼっちのあいつ』
そして
ドヌーヴ主演のフランス映画
『隠された日記 母たち娘たち』
上映が決定しました。

詳しい日程はまた追ってお知らせします。

お楽しみに!!


スタッフA








| 番組編成 | comments(0) | trackbacks(0) |
『半分の月にのぼる空』と『クレイジーハート』の上映が決まりました。


「60歳のラブレター」の深川栄洋監督の最新作であり、
140万部も売り上げた人気ライトノベルの映画化作品である
『半分の月がおぼる空』の上映が決定しました。
上映は7/17(土)〜7/23(金)の1週間限定上映です。

入院先で知り合った少年少女の恋愛と
心に傷を負った医師との物語。
大林宣彦監督作品を思わすかのようなノスタルジックさの中、
観客の心をガッチリ掴まれるラストがみどころです。
ハンカチ必須の秀作となっています。
お見逃しなく!





そして・・・、



本年度アカデミー賞で、主演男優賞と主題歌賞を受賞した
『クレイジーハート』の上映も決定しました!
上映時期はです、みなさましばしお待ち下さいね〜。

いままで幾度とオスカー候補となってきた
ジェフ・ブリッジスですが、今回やっと受賞!
しかも、アーティストとしても知られる彼が
カントリーシンガー役で出演し、
その主題歌で受賞するという、素晴らしいことづくし。
広大な大地を背景に、カントリー音楽が冴えわたる
情景を想像しただけで期待がふくらみますね。







今後のラインアップもひきつぢき
是非注目していただければと思います・・・!




スタッフA





現在、劇場を一時移転して 営業しております。

移転先の地図をこらちで詳しく載せております。
ご迷惑をおかけしておりますが
何卒、宜し くお願いいたします。
   ↓ ↓ ↓ ↓






| 番組編成 | comments(0) | trackbacks(0) |
番組編成経過報告です
********************

追記です!

『パーマネント野ばら』
の上映が決定しました!
7/3(土)から上映です!
もうすぐですね!お楽しみに!



********************




こんにちは。
ぬくくなったり、寒くなったり、
ホタルもなかなか出にくい状況ですね。
困ったものですねえ。
家の前の川には、例年であれば
飛び交っているはずなのに
まだちらちら程度です。


さて、番組編成ですが・・・、

『パーマネント野ばら』!!
上映を予定しております。
時期は夏の予定です。


西原理恵子の同名漫画を映画化した、
港町にひっそりと佇むレトロな美容室を舞台に、
たくましく生きる女性たちの恋模様をつづった物語。

『腐抜けども、悲しみの愛を見せろ』『クヒオ大佐』の
吉田大八が監督をした作品です。
主演は管野美穂。
幼い娘を連れ、出戻りの女性を演じます。

さまざまな恋愛を経てきた女性、
またこれから経験していく女性の方々に
是非見ていただきたいです。






そして、北朝鮮の脱北者を描いた
韓国映画、『クロッシング』ですが
9/11〜3週間の上映が決定いたしました。
物語は、脱北し離れ離れになった家族の視点で
描かれています。

実際に存在している脱北のルートなどでロケをされ、
また、北朝鮮の実態などの再現のリアルさや、
その衝撃の内容で話題を呼んでいます。



ハンカチ必須の内容です・・・
こうご期待ください!!!









スタッフA


上映作品の詳しい内容はこちらから
  ↓ ↓ ↓ ↓



携帯サイトからも
確認できます
  ↓ ↓ ↓ ↓




| 番組編成 | comments(0) | trackbacks(0) |
『鉄男 THE BULLET MAN』と『キャタピラー』の上映が決まりました!

(c)TETSUO THE BULLET MAN GROUP 2009


塚本晋也監督最新作!!
『鉄男 THE BULLET MAN』
あの『鉄男』がリメイクではなく全くの新作として
ついに完成!
そしてテアトル徳山での
上映が決定しました!!
7月の予定です!

なんと主人公は外国人!
そしてもちろん監督本人も出演します!
激しく、かっこいい、爆音予告を
是非ご覧いただきたいです!






そして、若松孝二監督の最新作であり、
寺島しのぶがベルリン国際映画祭で
最優秀女優賞を受賞した
『キャタピラー』の上映も決定しました!
こちらはまだまだ先の秋以降の予定ですが、
どちらも楽しみですね!


(c)若松プロダクション




是非ご期待下さい!


スタッフA


上映作品の詳しい内容はこちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓



携帯サイトからも
確認できま す

  ↓ ↓ ↓ ↓



| 番組編成 | comments(0) | trackbacks(0) |
『オーケストラ!』、『プレシャス』、『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の上映が決まりました
天気が良いです。
ようやく気候が落ち着いてきて
GW中は過ごしやすそうですね^^!

さきのことですが、上映作品が決まったものを
お知らせいたします!
またしても濃い番組編成に
なりつつあります。




『プレシャス』の上映が決まり ました〜!!
8/7(土)から2週間の上映です。





『オーケストラ!』の上映は、
8/14から決定!!





『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』
8/28(土) から2週間の上映です!




上映まで
いましばらくのお待ちを!

ぜひご期待ください!



スタッフA


上映作品の詳しい内容はこちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓



携帯サイトからも
確認できます

   ↓ ↓ ↓ ↓




| 番組編成 | comments(2) | trackbacks(0) |
上映が決まりました!
---------- 5/10追記 ------------

『鉄男 THE BULLET MAN』の上映が
決定しました!!
7月の予定です!



『プレシャスの上映が
8/7から決定しました!!
2週間上映です!



『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』
上映日が決定しました!
8/28(土)〜2週間です!



『キャタピラー』の上映が決まりました!
日程は秋以降の予定です。






---------- 4/24追記 ------------

『オーケストラ!』の上映が
8/14から決定しました!!




--------------------------------------


アカデミー賞主要部門5部門でノミネートされた
『マイレージ、マイライフ』
今年大注目のアジア作品
『息もできない』の上映が決まりました!
お待たせしております!

マイレージは6月末から
息もできないは
フィルムの本数が限られ
大人気のため当館での上映は
8月中旬からになります。

是非ご期待下さい!














そのほか、GW以降の作品を決まっているものを
お知らせいたします。

5/8〜
「海角七号(かいかくななごう)君想う、国境の南」



5/15〜
「カティンの森」



5/22〜
「ヴィクトリア女王 世紀の愛」



5/29〜
「ニューヨーク、アイラブユー」



6/5〜
「渇き」



6/12〜
「牛の鈴音」



6/19〜
「新しい人生のはじめかた」



6/26〜
「マイレージ、マイライフ」



7月
『鉄男 THE BULLET MAN』



7/24〜
「台北に舞う雪」



7/31〜
「17歳の肖像」



8/7〜
『プレシャス



8/14〜上映決定!
「オーケストラ!」



8/21〜
「息もできない」
※3週間上映!



8/28〜
「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」





以下、上映日調整中です
「クロッシング」



「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」




『キャタピラー』



詳しい内容をかきたいところですが
熱が入りすぎそうですので・・・
ひとまずお早めに皆さまにお知らせいたします!
すみません。



スタッフA




上映作品の詳しい内容はこちらから
  ↓ ↓ ↓ ↓



携帯サイトからも
確認できます

(画像はありませんが・・・)
  ↓ ↓ ↓ ↓




| 番組編成 | comments(0) | trackbacks(0) |
番組編成【10】

番組編成のお知らせが遅れましたが・・・
ご報告させていただきます。

今週末からの上映作品を
いっきに・・・9本まとめてご紹介!!
(すでに番組編成というカテゴリではないですか・・・)




▼12/19(土)〜 《1週間限定上映》
『正義のゆくえ I.C.E特別捜査官』


(C) 2008 The Weinstein Company, LLC All Rights Reserved.

不法滞在者を取り締まる
I.C.E特別捜査官を主人公に、
国を守るのか、人々を守るのか、
アメリカが現代抱える問題に切り込んだ
社会派ドラマです。
ハリウッドの大スターであるハリソン・フォードが、
脚本の完成度の高さとテーマ性に惚れ込み、
メジャースタジオ以外の低予算作品への
初出演を決めたほどの作品。

監督・脚本は『ワイルド・バレッド』を手掛けた
注目の新鋭ウェイン・クラマー。

今年の社会派ドラマでも秀作の1本です!
1週間上映ですのでおみのがしなく!



▼12/26(土)〜
『クヒオ大佐』


(C) 2009『クヒオ大佐』製作委員会

いままで、「クライマーズ・ハイ」や「南極料理人」など
わりとまじめな役どころが多かった堺雅人が
なんとつけ鼻をつけたエセ・外国人という
結婚詐欺師を演じます!
クヒオ大佐とは実在する稀代の結婚詐欺師なのですが、
正式な名はジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐
父はカメハメハ大王の末裔、
母はエリザベス女王の妹の夫のいとこ。

こんなでたらめ、いかにも胡散臭い、
なぜこんな男に女たちは騙されたのか!?
監督は『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八監督。
堺雅人の怪演とともに、シュールな演出もみどころ。
(つけ鼻でも堺雅人はやっぱりかっこいいです・・・)
年末は笑って過ごしてください!!





▼1/9(土)〜 
『リミッツ・オブ・コントロール


(C) 2008 PointBlank Films Inc. All Rights Reserved.

「ブロークン・フラワーズ」「ダウン・ロー・ハイ」
「コーヒー&シガレッツ」など
“カンヌを3度沸かせた”鬼才ジム・ジャームッシュ監督の最新作!
主演はジャームッシュ作品4度目の出演となるイザック・ド・バンコレ。
工藤夕貴、 ディルダ・スウィントン、ビル・マーレイらが脇を固め、
「モーターサイクル・ダイアリーズ」の
ガエル・ガルシア・ベルナルも登場。
撮影監督は「ブエノスアイレス」「花様年華」などの
クリストファー・ドイルです。





▼1/9(土)〜
『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式


(C) 2006 Sidney Kimmel Entertainment,LLC.All Rights Reserved.

葬式とは別れの儀式。
笑いとは無縁の厳粛なもの。
でもそこには人々の故人への思いがあり、
そして禁じられれば 禁じられるほど生まれる笑いというものもある。
本作は、主人公と彼を取り巻くはちゃめちゃな親族による、
恋愛、嫉妬、幻覚剤、秘密、
そして脅迫(?!)あ りのユニークなお葬式の物語。
笑わせられながらも最期はホロリとする、
心温まる映画です。




▼1/23(土)〜 『黄金花 秘すれば花、死すれば蝶』


(C) PROJECT LAMU / UZUMASA

年映画界で美術監督として腕をふるってきた
91歳の現役監督、木村威夫がメガホンを取った長編第2作目。
老人ホームで生活する個性豊かな面々が
それぞれの過去を引きずりつつ、
現実と夢の間を行き来しながらたくましく生きる様子を描写する。
主役の植物学者を原田芳雄が演じ、
鍵となる介護士長役を松坂慶子がつとめた。
舞台となる「浴陽荘」で暮らす奇妙な老人たちを、

川津祐介、松原智恵子、真実一路、
あがた森魚、松尾貴史、麿赤兒、長門裕之
など
個性豊かな名優たちが脇を固めています。
老いと死という、人間にとって永遠の課題を
見事に映像化し、物語にした作品です。




▼1/23(土)〜 《1週間限定上映》
『九月に降る風


(C) 2008 Mei Ah Entertainment Group

昨年6月に台湾で封切られるや予想外の大ヒットを記録、
マスコミから「この10年間の台湾映画のベスト」と絶賛した
台湾の高校生たちの青春を描いたドラマです。
1996年の夏、新竹を舞台に9人の高校生たちの愛と友情、
そして甘く切ない時のうつろいを
瑞々しい映像美で描き出しています。

1週間限定です!おみのがしなく。




▼1/30(土)〜
『パイレーツ・ロック


(C) 2009 Universal Studios. All Rights Reserved.

音楽映画ファンお待たせの、「パイレーツ・ロック」!
60年代イギリス。
ローリング・ストーンズ、ビートルズ、キンクス、フーなど
ブリティッシュ・ロックが絶頂期だった頃、
イギリスでは民放ラジオ局が認可されていなかったのです!
もっと聴きたい、もっと聴かせたい。
そこで、イギリスの法律が適用されなくなる距離まで
北海の沖合に出て停泊した船の上から放送する、
海賊ラジオ局が生まれた!
出演は当館上映作品で主演が多い、
フィリップ・シーモア・ホフマン!!
そしてビル・ナイら豪華キャスト!
60年代のブリティッシュ・ロックにのせて
進むストーリーは楽しくてしょうがない!作品です。
当館スタッフ一同期待しております!






そして・・・・

▼2/6(土)〜

『空気人形』
大変お待たせいたしました・・・・・・・・・・・!!
上映が決まりました!
是枝監督最新作、ペ・ドゥナを主演に迎え、
空っぽの人形が心を持ってしまう
同名コミックを映画化した作品です。
「ディアドクター」と肩を並べて
今年一押しの邦画傑作です!


たのしみですねえ〜〜!!!


(C) 2009業田良家 / 小学館 / 『空気人形』製作委員会




そして
▼2/13(土)〜
『大洗にも星は降るなり


(C) 2009「大洗にも星はふるなり」製作委員会


「33分探偵」やDVD「THE3名様」のスタッフがおくる
恋愛コメディ!
山田孝之や山本裕典、佐藤二朗ら個性あふれる俳優陣。
イケメン出演者が繰り広げる怪演(1?)と、
ラストまで飽きないハイテンションなユーモアは必見です。





と、
長いですね今日の記事は。
全部読んでくださり
ありがとうございます!






スタッフA





↓  いつもありがとうございます


| 番組編成 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/2 | >>




qrcode
OTHERS


SHIMAIKAN
姉妹館


BLOG PARTS







BLOG RANKING

  広島ブログ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ