| C | C | L | C | A | L | P | theatokuをフォローしましょう
日刊新周南さんのコラム翌流


↑ クリックして拡大表示できます。

ブログの更新が遅くなりました。
いろいろかきたいことはあるのですが。

更新がされない間にのぞいてくださっていた方々、
もうしわけございません。

だいぶ前の記事ですが、
新周南さんに周南市での映画についての今が
コラムに触れられていました。

当館が3館まだあった頃、
国際シネマなど洋画専門の映画館もあったり、
ピンク系の映画館もあったりして。

徳山市に5〜6館あった映画館も
いまでは下松市のMOVIX周南さんのシネコンで
メジャー映画※は全てまかなえているような状態で、
私が記憶している栄えていた徳山商店街の90年初頭に
比べ現在の衰退の姿に哀しむ方も多いと思います。

ですが、徳山商店街の在り方とともに
映画の今が書かれてあります。

フィルムコミッションの動きには大変ありがたいことです。

上映される映画によって観光につながっていくので
市の方々にも注目していただいているようです。




※補足をすると、

メジャー映画というのは一般的な大作。
誰でも見れるような一般大衆向けの映画。
当館での上映作品は市民だけの必要性というより
県内での上映の必要性のある作品と思って上映しています。
また、市内のお客様で隣市まで足をお運びいただけない
方々に観て頂きたい上映作品もあります。


| 新聞記事 | comments(0) | trackbacks(0) |
いまさらですが。・・・で、お稲荷さんの記事がでてきました。
今日は余談です。

最近、複合コピー機のスキャナ機能にようやっと
気付きました。

ページ数の多いものもスルスルスキャニングできます。
これの活用法というのが、電子書籍化です。

ご家庭ではそれ専用のスキャナ機の購入を
余儀なくされるところが、普通に会社にある
コピー機で同じことができるとは知りませんでした。

ipadもないけど、
近い将来、紙で保存も難しくなると思うので
古い資料はデータで残せたら理想です。
紙ファイルで仕舞う必要もありません。

そこで、何を保存するかというと
ひとまず新聞記事などです。

古い会社なので、おそらく遺して行くと
喜ばれるだろうなあと思い。



自分がとっていた資料を漁っていましたら、
数年前に取材していただいた
サンエコーのお稲荷さんの記事
でてきました。

サンエコーとは当館の向かいにある
ブティックの集まった専門店街がです。
昔から徳山商店街へお越しの方には
「エコー」で通用するほどメジャーなスポットです。

ですが、繁栄していた20〜30年前を知らない方々には
わかりにくい場所かもしれません。

現在は婦人服のamiとコアさん、はきものの国辰さん
鞄のセリーナさんのお店があります。

銀南街から銀座へ通り抜けれるようになっており
当館側の入り口からはCCSのスタジオもあります。


( ↓ クリックで拡大します)



しかし、この記事はあまり古くないので
もしかしたら既にこのブログに掲載していたかも
しれませんね(汗)
さすがに記憶があいまいになってくるほど
このブログも長い間書いてますねえ。



記事には昔の「歌舞伎座」のことにも
触れられており、映画館が流行する前は
歌舞伎を観劇して楽しまれていたようですね。

歌舞伎や芝居小屋から映画館。
そして映画館も廃れていくと
一体なにができるのでしょうか?

今のところテレビ・パソコンが映画の敵のように
なっていますが、映画そのものは失われてはいません。
もちろん歌舞伎や芝居も失われてはいなく
このようなローカルでは文化会館でたまに見れる
ようなかんじですかね。

箱で興行する中身、
または箱そのものの変遷を遂げていきますが、
将来どのようになるのでしょうか。

(後ろ向きなことを書いてしまったので省略)

・・・ともかく!
さかのぼることができない過去の歴史を
のぞいて想像するのは楽しいですね・・・。

寄り道もほどほどにして、
お客さんが一人でも多く来てくれるよう
努力に励みたいと思います。



スタッフA
| 新聞記事 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1 |




qrcode
OTHERS


SHIMAIKAN
姉妹館


BLOG PARTS







BLOG RANKING

  広島ブログ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ